ホーム > アワード・表彰 > みどりの絵コンクール
  • 副賞あり
  • 児童・生徒
  • 文部科学省・環境省が主催等する賞
みどりの絵コンクール

みどりの絵2016

 子どもたちに「自然を尊び、自然を愛し、自然に親しもう」という自然保護憲章の心を、絵を描くことを通じて広く理解してもらうとともに、環境教育の実をあげていただくことを目的とした絵画コンクールです。

「みどりの絵」部門
 絵の内容は、子どもたちが「遊びや体験を通じて親しんだ自然」、「本や絵本の世界で学んだ自然」、「自分の中に広がるイメージとしての自然、またそのような思い出に残る風景や印象的なでき事」、「空想したこと」など、自然に関することなら何でも自由です。

※「みどりを大切にしよう」等の文字ポスターは審査対象外となります。
[副題]描いた絵の副題を児童本人の言葉で1行ぐらいで書くようにご指導ください。
 
「わたしが守りたい身近な自然」部門
 子どもたちに「地域の身近な自然の素晴らしさを再発見して、地域と地球を愛する心を育んでもらおう」と、第33回から新設された部門です。
 自分が暮らす地域の身近な自然の中で、是非大切に守りたい、ずっと残していきたいと思うものを描いてください。

※「自然を守ろう」等の文字ポスターは審査対象外となります。
※対象は小学生のみです。
[副題]描いた絵の副題と、「どこの」、「何を」描いたか、また「大切にしたい理由」を児童本人の言葉で必ずお書きください。

応募締切日:2016年9月13日(両部門共通)
 
⇒第41回受賞結果はこちら

実施主体

公益財団法人三菱UFJ環境財団、公益財団法人日本ユネスコ協会連盟

後援:環境省、日本ユネスコ国内委員会、毎日新聞社
協賛:株式会社三菱東京UFJ銀行

対象

幼児(4才児以上の小学校未就学児)、小学生

「みどりの絵」部門
環境大臣賞
毎日新聞社賞
毎日小学生新聞賞
三菱UFJ環境財団理事長賞
「わたしが守りたい身近な自然」部門
日本ユネスコ協会連盟賞
三菱東京UFJ銀行賞

優秀賞
入選