ホーム > アワード・表彰 > 低炭素杯
  • 実践
  • 副賞あり
  • 教育機関
  • NGO/NPO
  • 企業
  • その他
  • 文部科学省・環境省が主催等する賞
低炭素杯

低炭素2017_チラシ

 このコンクールは、次世代に向けた低炭素な社会を構築するため、市民・企業・学校・自治体などの多様な主体が全国各地で展開している、地球温暖化防止に関する地域活動を報告し、学びあい、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出する「場」となることを目指すものです。
 書類審査とプレゼンテーションを経て、優れた取り組みには環境大臣賞、文部科学大臣賞などの賞が授与されます。
 低炭素杯2017は、「市民部門」「企業部門」「学校部門」「自治体部門」の4部門で開催されます。
 
応募条件

  • 日本国内を拠点とする取り組みであること。
  • 低炭素社会づくりの取り組みや、地球温暖化防止の取り組みであること。
  • 応募の段階で取り組み実績があり継続性が見込まれる取り組みであること。
  • 他と差別化できる先駆的な取り組みであること。
  • 特定の政党支持や宗教の布教を目的とした取り組みではないこと。
  • 最終選考(2017年2月16日)の1日間に出席できること。
  •  
    応募締切日:2016年9月12日 17:00まで
     
    ⇒2017受賞結果はこちら

    実施主体

    低炭素杯2017実行委員会

    後援(予定):環境省、文部科学省、プラチナ構想ネットワーク
    事務局:一般社団法人地球温暖化防止全国ネット

    対象

    低炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体
    (市民活動団体、非営利活動団体、企業、自治体、学校など)
    ※法人格の有無は問いません。

    環境大臣賞
    文部科学大臣賞
    企業/団体賞
    オーディエンス賞
    アンバサダー特別賞
    審査委員特別賞
    優秀賞