ホーム > 研修・交流 > 第5回ESD日本ユース・コンファレンス(名古屋市10/13~15)
  • 行政機関
  • NGO/NPO
  • 全国
  • 学生
  • 教員
  • 行政職員
  • NGO/NPO
  • 企業
  • その他
第5回ESD日本ユース・コンファレンス(名古屋市10/13~15)

youth2018

現代を生きる私たちが抱える様々な課題を解決し、みんなが幸せに暮らせる持続可能な社会を育むためには、どうすればよいのか?そのために「教育」は何ができるのか?そして、自分はその中で、どのような貢献ができるのか?
ESD日本ユース・コンファレンスは、このような問題意識をもつ全国の次世代リーダーが、業種や分野を越えてつながり、学び合い、連携しながら社会の新たな潮流を創り出していく合宿形式のイベントです。
2日間のプログラムでは、リーダーシップ育成の第一線で活躍する講師による講座のほか、参加者同士の対話や学び合いを通して、個々人が学びや気づきを得るだけでなく、新たな仲間と実践していく共同プロジェクトなどのアクションプランを生み出します。
このような教育啓発活動を通して未来を変えていこうという若者のコミュニティは、2014年より毎年実施されている本イベントの参加者を中心に「ESD日本ユース」として形成され、相互支援や協働が行われています。
コンファレンスに積極的に参加し、その後もこのコミュニティの一員として継続して活動していこうという意欲のある方は、ふるってご応募ください。
 
詳細については、本ページ最下部リンク先(「公益財団法人 五井平和財団」サイト内ページ)をご覧ください。
 
第5回ESD日本ユース・コンファレンス
「教育でより良い未来をつくる」

日 時 2018年10月13日(土)10:00~ 14日(日)16:00
場 所 邦和セミナープラザ 交通アクセス
    (愛知県名古屋市港区港栄 1-8-23)
    地下鉄名港線「港区役所駅」から徒歩8分
募集人数 40名程度
参加費 無料( 交通費、宿泊、食事を提供)
 
応募要件
1.18歳〜35歳の方(2018年7月31日時点)で、持続可能な開発のための教育(ESD)に取り組んでいる方(下記のよくある質問のQ1を参照)
2.日本在住で、日本語での議論が可能な方(国籍は問わない)
3.開催趣旨を理解し、積極的に会議の成果に寄与し、その後も「ESD 日本ユース」のコミュニティの一員として活動を継続していこうという意思のある方
4.10月13日(土)~14日(日)全てのプログラムに必ず参加出来る方
5.事前のオンライン・ミーティング(9月30日(日)か10月3日(水)のいずれか)、およびユース・コンファレンスのフォローアップとして開催するプラットフォーム会合(2019年2月17日(日)/メイン会場(東京)、サテライト会場、オンラインのいずれか)に参加できる方
 
応募方法
所定の応募用紙(PDF)に必要事項を記入し、下記お問い合わせ先EメールアドレスまでEメールにてお送りください。
 
選考結果 2018年9月3日(月)までにEメールにて通知
 
お問合わせ先
公益財団法人 五井平和財団
「ESD日本ユース・コンファレンス」係
〒102-0093 東京都千代田区平河町 1-4-5 平和第1ビル
TEL:03-3265-2071

Eメール:esd☆goipeace.or.jp (☆→@)

申込締切

2018年7月31日(火)必着

実施主体

文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、公益財団法人 五井平和財団

後援(予定):環境省、外務省、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議、日本ESD学会、ESD活動支援センター、中部地方ESD活動支援センター、愛知県教育委員会、名古屋ユネスコ協会
協力:特定非営利活動法人 場とつながりラボhome’s vi

対象

18歳〜35歳の方(2018年7月31日時点)