ホーム > アワード・表彰 > 2022年度WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」
  • 実践
  • その他
  • ESD、SDGsの賞
2022年度WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」
【情報源】
一般財団法人 WNI 気象文化創造センター

【名称】
2022年度WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」
【主旨】
気象文化を広めるには、草の根で実践されている気象活動に関して、従来の発想にとらわれない知恵を、個人、企業、団体を問わず幅広く結集し、広げていく必要があります。そこで気象の減災・自助・共助、経済的利用、環境問題などへの対応における実用的な気象研究・活動について、新たなる研究・活動を行おうと計画している、または、これまで革新的な成果をあげた、「個人」および「団体」のこれからの発展を願い「気象文化大賞」として表彰し、研究・活動について助成いたします。
第12回気象文化大賞募集要項こちらをご覧ください。
【応募方法】
申込書に必要事項を記入・押印の上、添付書類とともに当財団へ送付ください。提出いただいた書類等は返却できませんので、予めご了承ください。
【応募期間・締切】
2022 年 4 月 30 日 (土) 必着
【助成申請先および各種資料提出先】
*郵送の場合
〒261-0023 千葉県千葉市美浜区1−3 幕張テクノガーデンB棟19階
一般財団法人 WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」係
*メールの場合
e-mail info@wxbunka.com
【選考基準】
  1. オリジナリティがあること
    テーマの設定、実践プロセス、分析の視点などに他にはない独創性がみられ、今後の展開が期待されること。
  2. 実用・実践的であること
    これまで十分な実績があり、実施計画では具体的な運用プロセスが検討されていて、その実現性、および研究・活動の成果について期待がもてること。
  3. 広く市民生活に役立つこと
    助成が研究テーマに関する活動の実現に効果的に作用し、気象の実用・実践的な研究・活動をしている他の「個人」および「団体」への波及効果が期待できること。
  4. 広い意味での気象に関わっていること
    狭義の「気象」だけではなく、気候変動、地球環境全体と関わるテーマについて研究・活動したもの。
  5. アジア・太平洋への波及効果が期待できること
    日本国内での気象の実用・実践についての研究・活動であっても、広くアジア・太平洋への波及効果が期待できること。
  6. 複数年に亘って当財団の助成を受けている場合は、各年における成果および継続して応募する意義やゴールについて記載されていること。
  7. 類似分野が複数応募されている場合は、他の応募と分割して助成金を交付する場合がある。
  8. 応募者が当財団以外からの助成を受けているか否かを判定基準に含める。
  9. 研究・活動成果の公表有無を判定基準に含める。
【問合せ先】
一般財団法人 WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」事務局
e-mail info@wxbunka.com
TEL 043-274-3191

#アワード
#表彰

実施主体

●一般財団法人 WNI 気象文化創造センター

対象

●団体については、原則として設立2年以上を経過しており活動実績のあること • 研究・活動基盤が日本国内にもあり、日本語で応募することがのぞましい

●気象文化大賞(50万円〜100万円まで)
●気象文化功労賞(助成金額は応募内容を元に選考委員会にて協議の上、決定します)
●石橋夢大賞(記念品を贈呈しますが助成金はありません。記念品価格の上限は10万円とします)