ホーム > アワード・表彰 > 日本自然保護大賞
  • 実践
  • 児童・生徒
  • 学生
  • 指導者
  • 教育機関
  • NGO/NPO
  • 企業
  • その他
  • NGO/NPO が主催する賞
日本自然保護大賞

nihonshizenhogo2020

人と自然がともに生き、赤ちゃんからお年寄りまでが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会をつくるためには、学生、市民、専門家、行政、企業、NPOなどあらゆる個人や法人が、さまざまな立場でそれぞれの特性を活かしながら、生物多様性の保全に取り組む必要があります。

本賞は、地域性、継続性、専門性、先進性、協働の観点から、生物・生態系の研究、自然保護の実践、環境教育の推進などに大きく貢献する取り組みに対し、その成果と尽力を表彰するものです。
SDGs(持続可能な開発目標)や生物文化多様性への関心や行動の高まりなどを踏まえ、より幅広いジャンルからふさわしい活動を募集し、次の時代につながる意義ある賞をめざします。
 
応募部門
■保護実践部門
市民、大学生、専門家、企業、行政などがそれぞれの立場と特性を活かし、具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
■教育普及部門
自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動
■子ども・学生部門
小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究
 
選考ポイント
・地域の自然の特性に根ざした活動
・継続することの価値や意義がわかる活動
・高い専門性に基づいた活動
・新しい技術やアイデア、枠組みを活かした活動
・多様な主体の連携や協働のある活動
 
選考と公表
2019年11月頃に書類審査および最終選考を行い、2020年1月下旬頃に授賞者を発表します。
 
授賞式/シンポジウム
受賞者を招き、2020年3月に東京にて授賞式/活動発表シンポジウムを開催します。
受賞者には賞状と記念品が贈呈されます。
受賞者は、メディアへのリリースや日本自然保護協会の会報、ウェブサイト、SNS 等で公表されます。
これまで受賞した活動も、多くのメディアに取り上げられ、活動の幅をさらに広げています。
 
応募方法
応募フォームよりご応募ください。
※複数部門に応募可
※自薦、他薦不問
※他薦の際は、必ず候補者本人のご了解を得た上でご推薦ください。
 
郵送応募をご希望の場合は、応募用紙[PDF形式/152KB][Word形式/17KB]をダウンロードし、必要事項をご記入ください。
※応募書類は返却されませんので、ご了承ください。
※個人情報は、日本自然保護協会のプライバシーポリシーに則り、適切に取り扱われます。
 
 
2020応募締切日:2019年10月31日必着
 
 
⇒2019受賞結果はこちら ※公式サイトにリンク
 
 
お問い合わせ先
公益財団法人 日本自然保護協会 日本自然保護大賞担当
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
award☆nacsj.or.jp (☆→@)
TEL 03-3553-4101 FAX 03-3553-0139

実施主体

公益財団法人 日本自然保護協会

協賛:経団連自然保護協議会
後援:環境省、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、自然保護憲章普及協議会

対象

自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子どもから大人までのすべての個人と団体、企業、自治体

【各部門ごとに表彰】
保護実践部門
教育普及部門
子ども・学生部門
沼田眞賞(特別賞)