ホーム > アワード・表彰 > SDGs クリエイティブアワード
  • 映像
  • 副賞あり
  • 児童・生徒
  • 学生
  • 指導者
  • 教育機関
  • NGO/NPO
  • 企業
  • その他
  • ESD、SDGsの賞
SDGs クリエイティブアワード

sdgsca2nd

2030年の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、デザイン、テクノロジー、映像によるSDGsの一層の普及啓発や取組促進への貢献を意図して開催される、日本発のSDGsの国際映像コンテストです。
言語の壁を超えた優れた映像作品をきっかけに、SDGsの普及啓発、そして世界中で対話やアクションを生み出すインパクトのある作品を表彰します。
 
募集内容に関する詳細については本ページ下部リンク先をご覧ください。
 
応募資格
プロ・アマ問わずすべての方

※個人・チーム・団体・プロアマ、年齢、性別、職業、国籍は問いません。
※高校生、大学生、専門学生のみなさんの応募を歓迎いたします。

 
募集部門
(1)SDGs普及促進映像部門 (60秒以内)
(2)SDGsローカルアクション映像部門 (180秒以内)
 
【映像表現手法】

インフォグラフィックス、アニメーション、実写など映像の表現方法は問いません。

 
【作品内容についての重要事項】

  • 映像を視てSDGsについて理解を深め、課題の背景を知り、関心を呼び起こすことを目的とします。
  • 部門1では「表現する目標」に挙げた6つの目標のうちいずれかに関連するものを表現してください。
  • 部門1・部門2共に表現している目標のSDGsアイコンを、必ず映像に含めて下さい。
  • 目標間の連鎖を表現する場合は、6つの目標から複数のアイコンを含めてもかまいません(その場合も起点や終点となる中心となる目標をひとつ決めてください。応募時に選択が必要です)
  • 部門1でSDGsそのものやSDGs全体を表現する場合は、17のアイコン全てを使ってもかまいません。

⇒作品の制作前にSDGsとヒントも必ずご覧ください。
 
表現する目標
目標2:飢餓をゼロに
目標5:ジェンダー平等を実現しよう
目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
目標14:海の豊かさを守ろう
目標16:平和と公正をすべての人に

※今後、3年間で17すべての目標を網羅する予定です。

 
応募方法
YouTubeに応募作品をアップロード後、応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください。

※応募者が設置したYouTubeアカウントに「限定公開」設定でアップロードし、そのリンクアドレスを添付してください。
※「非公開」設定の場合、事務局側で視聴できませんのでご注意ください。
※ストレージやDVD等の郵送・メディア等での郵送は受け付けません。
※応募後のデータの差し替えは原則認められません。

 
【応募フォームはこちら】
 
 
第2回募集期間:2019年10月10日(木)~2020年1月10日(金)
 
 
表彰式
2020年3月7日(札幌市内)
 
 
■お問い合わせ先■
SDGsクリエイティブアワード 実行委員会

事務局 株式会社TREE(SDGs.TV)内 
〒248-0012 鎌倉市御成町13-37-ブランシュ鎌倉2階 
メール:info☆sdgs.world (☆⇒@)
電話:070-3532-8800 (平日10時~17時)

実施主体

SDGsクリエイティブアワード実行委員会
共催:北海道、札幌市
 
後援:国連広報センター、神奈川県、JICA北海道、朝日新聞北海道支社、HTB北海道テレビ
協力:No Maps実行委員会 SDGs for School(Think the Earth)

対象

プロ・アマ問わずすべての方

SDGsクリエイティブアワード ゴールド
SDGs普及促進映像大賞
SDGsローカルアクション映像大賞
大和証券グループ賞
ANA賞
北海道知事賞
札幌市長賞
JICA特別賞