ホーム > アワード・表彰 > ユネスコスクール ESD大賞
  • 実践
  • 副賞あり
  • 教育機関
  • ESD、SDGsの賞
ユネスコスクール ESD大賞

20181017_unescoesd

Education For Sustainable Development(ESD)は、「持続可能な社会の担い手を育む」教育といわれ、持続可能な社会の構築に向けて的確な行動ができる次代を担う人材の育成が重要な課題となっています。
その人材育成のためには、ESD(持続可能な開発のための教育)が学校現場において正しく理解され、さらにそれに基づいた望ましい実践が普及されることが強く求められています。
NPO法人日本持続発展教育推進フォーラムでは、このESDの理念に基づく取り組みを積極的に実践する学校を奨励する「ESD大賞」を毎年実施しています。学校全体での取組み、地域社会とのつながり、地域の特色を活かした実践例などを広く募集します。
 
第9回応募締切日:2018年10月18日(木)※事務局必着
 
⇒第7回受賞結果はこちら
⇒第8回受賞結果はこちら ※「第8回ESD大賞 受賞校実践集」(PDF)にリンク

実施主体

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム

後援(予定):文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、株式会社教育新聞社、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

対象

全国の小学校、中学校、高等学校

【各1校】
文部科学大臣大賞
ユネスコスクール最優秀賞(ユネスコスクールのみ対象)
小学校賞
中学校賞
高等学校賞
ベスト・アクティビティ賞
スタートアップ賞(ユネスコスクール加盟3年未満のみ対象)