ホーム > 国立阿蘇青少年交流の家
国立阿蘇青少年交流の家

1.組織・団体概要

(1)名称

国立阿蘇青少年交流の家

(2)設立年月

1963年7月設立

(3)所在地

熊本県阿蘇市

(4)代表者職名・氏名

所長 岩倉 公男

(5)連絡先

〒869-2692 熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029番地の1
電 話 0967-22-0834
FAX 0967-22-0910


[担当者所属・氏名]事業支援室 総務係担当・堀澤亮太郎

(6)組織・団体の活動内容(URL)

(7)組織・団体種別

社会教育施設

(8)組織・団体の活動地域・範囲

都道府県の範囲:熊本県・大分県

(9)組織・団体の取り組み

※ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)および、持続可能な開発目標(SDGs)についてはこちら(PDF)をご覧ください。

■組織・団体の活動分野[GAPの優先的行動分野]

機関包括型アプローチ、教育者、ユース、地域コミュニティ

■組織・団体が取り組む課題(テーマ)[SDGs]

2,4,11,15,17

2.支援内容・対象

(1)支援方法(●印の支援を行います)

(●)1.調査・情報収集
地域拠点としての情報収集、調査実施等
(●)2.活動展示・紹介
企画展示、視察等受け入れ等
(●)3.施設・資材貸与
会議室貸与、会合スペース貸与、資材貸与等
(●)4.活動奨励
後援・共催・協力名義、表彰(コンテスト等)
(●)5.共同企画・実施
プロジェクト等の共同企画、共同実施等
( )6.政策コミュニケーション
政策に関する学習機会提供、政策提言等
(●)7.広報協力
取組事例の情報発信、イベント等の周知協力、情報編集協力等
(●)8.コーディネーション
関連団体の活動間の連絡・調整、利害関係者調整、ネットワーク化・協働プロセス支援等
(●)9.ファシリテーション
ワークショップ等によるファシリテーション、合意形成・学習プロセス支援等
(●)10.情報提供
研修等の講師紹介、会議場斡旋、関連団体・関連イベント等紹介、潜在的資金源(助成)情報提供、その他関連情報提供等
(●)11.資源提供
人材育成(研修・インターン受入れ)・人材提供(講師派遣、物品供与(教材提供、その他ESD関連ツール提供)、直接的資金提供等
(●)12.機会提供
交流機会提供(協議会開催、全国/地方フォーラム開催)等
(●)13.相談対応・助言(活動)
活動への助言等
(●)14.問題解決の提示
教材・ツール・プログラム等の開発・普及支援、ESD活動ノウハウの提示等
( )15.相談対応・助言(組織)
組織運営への助言等
( )16.その他
具体的に(     )

(2)支援対象

市民・住民・一般、学校教育関係者、社会教育関係者、企業・事業者、NGO/NPO、地方公共団体、ユース

(3)支援活動の概要もしくは代表的な支援活動の概要

学校、各種団体から、婦人会、サークルなどのグループ、企業からファミリーまで…。
研修をはじめ、学習、合宿、サークル活動、交流・親睦、余暇活動など、団体宿泊生活を通して多様な活動や体験学習を行い、健全な青少年の育成を図ることを目的とする社会教育施設として、どなたでも御利用になれます。
昭和38年に設置され、平成26年には開所50周年を迎えました。平成18年4月からは、独立行政法人国立青少年教育振興機構として新たなスタートをしました。職員一同皆様の活動を、心を込めてサポートいたします。