ホーム > 三笠ジオパーク
三笠ジオパーク

1.組織・団体概要

(1)名称

三笠ジオパーク

正式名称
三笠ジオパーク推進協議会

英語名称
Mikasa Geopark Promotion Counsil

 
(2)設立年月

2012年8月

 
(3)所在地

北海道三笠市

 
(4)代表者職名・氏名

会長(三笠市長) 西城 賢策

 
(5)連絡先

〒068-2154 北海道三笠市幸町2番地
電話 01267-2-3997
FAX  01267-2-7880
Eメール simomura574☆city.mikasa.hokkaido.jp
     mikasa.geopark☆gmail.com
     (☆を@に変えてお送りください)

 
[担当者所属・氏名]

三笠ジオパーク推進協議会 事務局次長
下村 圭

 
(6)組織・団体の活動内容(URL)

 
(7)組織・団体種別

その他:三笠ジオパーク推進協議会(三笠市・三笠市教育委員会・関係行政機関・教育機関・市内関係団体・企業・研究機関)

 
(8)組織・団体の活動地域・範囲

市区町村区域:北海道三笠市

 
(9)組織・団体の取り組み

※ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)および、持続可能な開発目標(SDGs)についてはこちら(PDF)をご覧ください。
 
■組織・団体の活動分野[GAPの優先的行動分野]

政策的支援、機関包括型アプローチ、教育者、地域コミュニティ

 
■組織・団体が取り組む課題(テーマ)[SDGs]
3,4,5,8,9,11,12,15
17

 

2.支援内容・対象

(1)支援方法

shienhoho083

 
(2)支援対象

市民・住民・一般、学校教育関係者、社会教育関係者、企業・事業者、地方公共団体、ユース

 
(3)支援活動の概要もしくは代表的な支援活動の概要

地域の持続的な発展のため、ESDやSDGsのプログラムを積極的に取り入れ、地域資源の再活用・再利用・再発見などにより観光活動・保護保全活動・教育活動・観光活動などに取り組んでいる。また、全国・道内各ジオパークとの事例の共有等を行っている。

主な活動内容
①地域の歴史や風土などを組み合わせた体験型観光及びガイド活動の実施
②ガイド養成や地域を学ぶための学習会及びジオカフェの開催
③地域内外の学校と連携・連動した学校教育プログラム及び国内の小中高校の教育旅行の受け入れ
④コミュニティスクールなどと連携した社会教育活動の実施
⑤多様なワークショップメニューの導入・実施
⑥地域における様々な宝物の保護保全を図る目的から「炭鉱遺産学術調査」「炭鉱遺産記憶事業」「ジオサイトカルテ作成」「無形文化等カルテ作成」事業の実施
⑦三笠ジオパーク認定商品認証制度、グッズ販売、イベントの実施等による地域経済の振興活動