ホーム > 研修・交流 > SDGs時代における企業による地域創生の現状と可能性(豊島区12/2)
  • 関東
  • 学生
  • 教員
  • 行政職員
  • NGO/NPO
  • 企業
  • その他
SDGs時代における企業による地域創生の現状と可能性(豊島区12/2)

【ESD活動支援センター(全国・関東)後援事業】
symposium20191202

企業の社会的責任(CSR)が一般化し、今日、企業は持続可能な社会構築の主要なステークホルダーとして認識されています。
一方、日本の持続可能性の大きな課題の一つに少子高齢化・過疎化による地方衰退があげられます。このような縮小社会は企業に何をもたらしているのか、また同時に地方創生は企業にとって新たなビジネスチャンスとなる可能性はないのか。
持続可能な社会構築の視点で積極的に事業展開している先進企業による取組から、企業による地域創生の可能性を探ります。
 
公開シンポジウム
「SDGs時代における企業による地域創生の現状と可能性」

 
日 時 2019年12月2日(月)18:30~20:30
会 場 立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階カンファレンス・ルーム
参加費 無料
 
登壇者
竹山 史朗氏
(株式会社モンベル常務取締役 広報部本部長)
百瀬 則子氏
(ワタミ株式会社SDGs推進本部長/ユニー株式会社元上席執行役員CSR部長)
加藤 孝一氏
(カルネコ株式会社代表取締役社長)
深田 裕康氏
(株式会社ローソン事業サポート本部・参事)
阿部 治
(立教大学ESD研究所所長、社会学部・同研究科教授)
 
参加申込
事前申込は不要です。当日直接会場までお越しください。
 
 
お問い合わせ先
立教大学ESD研究所
TEL 03-3985-2686  
E-mail esdrc☆rikkyo.ac.jp (☆⇒@)

申込締切

事前申込不要

実施主体

立教大学ESD研究所、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部 治)、ESD地域創生研究センター

対象

学生、大学院生、一般、教職員